退職給付債務計算【DBO計算(旧PBO計算)】、退職金・年金制度設計、企業年金資産運用など

企業年金・退職金に関する経営課題を解決するコンサルティング【IICパートナーズ】

退職金・年金制度コンサルティング事例 - メモリーテック株式会社様

写真:デクセリアルズ(株)様


 「財務・キャッシュのインパクトを予測する
将来シミュレーションと的確な提案により、
制度統合という長年の課題を解決できました」

メモリーテック株式会社 代表取締役社長 上田 豊 氏(左)
メモリーテック・ホールディングス株式会社 経理二部 部長 中嶋 剛 氏(右)

光ディスクを中心に、さまざまなフィールドのソフトウェアの製造販売を手がけるメモリーテック株式会社(以下、メモリーテック)。同社において利用された、IICパートナーズ(以下、IICP)の「退職金・年金制度コンサルティング」について、コンサルティング導入のねらいやその効果などを同社代表取締役社長 上田 豊 氏、メモリーテック・ホールディングス株式会社 経理二部 部長 中嶋 剛 氏に伺いました。

 

企業情報 メモリーテック株式会社
http://www.memory-tech.co.jp/new/company/outline.html 
本社所在地 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル10F
設立 2010年12月(創業:1985年9月)

メモリーテックの概要

― メモリーテックについて教えてください。

当社グループとして、3つの大きな事業の柱があります。

1つは、CD・DVD・Blu-rayのプレス事業です。レコード会社、映画制作会社などから受託し、エンターテイメント作品のCD・DVD・Blu-rayをパッケージまで製造し納品します。国内におけるシェアは大体3割程度で、業界トップです。

もう1つは、グループ会社のキュー・テックで行なっている、映像の編集などのポストプロダクション事業です。そしてあと1つはグループ会社のグラフィニカで行なっているCGアニメを制作する事業です。最近では「楽園追放」という作品が話題となりました。

日本のコンテンツを海外に出していこうという動きが活発になる中で、ポストプロダクション事業、アニメ制作事業は非常に好調で、成長しています。