退職給付債務計算【DBO計算(旧PBO計算)】、退職金・年金制度設計、企業年金資産運用など

企業年金・退職金に関する経営課題を解決するコンサルティング【IICパートナーズ】

写真:小野薬品工業(株)様

 「最終給与比例制からポイント制へ移行するにあたり、
適切なコンサルティングにより、目標をすべて達成できました」

小野薬品工業株式会社 人事部 理事・部長 福森 毅 氏(中央)
小野薬品工業株式会社 人事部 次長 菅原 達朗 氏(左)
小野薬品工業株式会社 人事部人事課 課長 渡辺 一範 氏(右)

「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という理念のもと、新薬の創製に特化した研究開発を進めている小野薬品工業株式会社(以下、小野薬品)。同社において利用された、IICパートナーズ(以下、IICP)の「退職金・年金制度コンサルティング」について、コンサルティング導入の背景やその効果などを同社人事部 理事・部長 福森 毅 氏、人事部 次長 菅原 達朗 氏、人事部人事課 課長 渡辺 一範 氏に伺いました。

 

企業情報 小野薬品工業株式会社
http://www.ono.co.jp/jpnw/about/outline.html 
本社所在地 大阪市中央区久太郎町1丁目8番2号
会社設立 1947年[創業:1717年(享保2年)]

小野薬品の概要

― 小野薬品について教えてください。

小野薬品は、医療用医薬品の研究、臨床試験といわれる開発の段階、生産段階を経て、厚生労働省の承認を受けた後、患者さんに使っていただくという形で、医薬品の製造・販売を行なっている会社です。また、病で苦しむ患者さんにできるだけ早く新しい薬の情報が届くよう、MR(医薬情報担当者)が、医療機関において医師・薬剤師など医療関係者に薬の情報を伝える活動を行なっています。

最近では、「がんの第4の治療法」といわれている免疫療法の薬剤が承認されました。現在の適応症は1種類ですが、現在、非小細胞肺がんについて申請中であり、20種類以上のがんについても臨床試験を進めています。2017年に創業300年を迎える際に承認を受けられているものが何種類となっているかはわかりませんが、ますますの発展をめざして、全社一丸となって取り組みを進めています。