退職給付債務計算【DBO計算(旧PBO計算)】、退職金・年金制度設計、企業年金資産運用など

企業年金・退職金に関する経営課題を解決するコンサルティング【IICパートナーズ】

IICP広報室

04 26

投稿者: admin
2018/04/26 10:00

初めまして。新入社員の松永と申します。この場をお借りして自己紹介させていただきます。

私の出身は長崎県です。大学~大学院時代は東京で過ごしておりました。

大学時代は数学を専攻しており、大学院では保険数理を専攻しておりました。

画像1

私の趣味は

・体を動かすこと (週4日ジムに通いウエイトトレーニング)
・ダーツ (学生時代にダーツバーでアルバイトをしていました)
・お酒 (基本的に何でも好きです)

などです。

今回、私の趣味のウエイトトレーニングとダーツについてご紹介させていただきます。

画像2

ウエイトトレーニング

大学院に入学した頃から、運動不足を解消したいと思い、ウエイトトレーニングを始めました。

私が考えるウエイトトレーニングの最大の魅力は『精神面が強化される』という点です。私がトレーニングで特に心がけていることは「前回よりもあと1回多く行う」ことです。

例えば前回は80kgのベンチプレスを8回できたと仮定すると、次は80kgを9回上げることを目標にして取り組みます。この【あと1回】は肉体的にも精神的にも苦しいです。しかしこの1回にこそトレーニングのすべての成果が詰まっているといっても過言ではありません。これは専門用語では「漸進性過負荷の原則」といいます。

噛み砕いて一般的に説明いたしますと、「前回の自分を超えることで成長できる」ということです。この1回で肉体的に強くなることはもちろん、精神的にも強くなることができると思います。なぜならば、「前回の自分を超えることができた」ということは大きな自信に繋がるからです。

画像3

ダーツ

私は大学2年生の時にダーツに熱中し、ダーツバーでアルバイトをいたしておりました。

練習の甲斐があり、2013年秋には関東のアマチュアの大会で優勝することができました。

画像4

私が思うダーツの魅力は『世代や職業間を超えた繋がりができること』だと思います。ダーツを趣味にされている方は様々な世代や職業の方がいらっしゃいます。様々な方々と一緒にフラットな立場でお酒を飲みながらダーツをプレイすることで交友関係が深まることがダーツの魅力の1つだと思います。

コンサルタントとして働くことも、様々な業界・業種の方々とお話しできる機会があると思います。この点は私といたしまして、コンサルタントとして働く最大のやりがい・魅力になると感じております。

目標

私の目標は「お客様視点のコンサルタントになる」ことです。

退職給付に関する知識を有するプロフェッショナルとして、退職給付のことをご存知ないお客様の真意を汲み取り、適切なアドバイスをできるようなコンサルタントになりたいです。その為のファーストステップといたしまして、『退職給付に関する知識』と『社内やお客様からの信頼』を得ることに努めます。具体的に申しますと、『退職給付に関する知識』を得る為にアクチュアリー試験をはじめとした資格取得に向け日々の学習を行います。『社内やお客様からの信頼を得る』ための第一歩として、「与えられた仕事は120%完遂する」ことを心がけます。100%で満足せず、+αとして何かできることはないかを常に考え行動いたします。

Tags: