退職給付債務計算【DBO計算(旧PBO計算)】、退職金・年金制度設計、企業年金資産運用など

企業年金・退職金に関する経営課題を解決するコンサルティング【IICパートナーズ】

みなさまのご発展に貢献する退職給付のビジネスパートナーとして

IICパートナーズのミッション(企業使命)=課題解決を通じたお客さまの成長発展への貢献

 

我々の使命は、『独立した立場で(Independence)、誠実に(Integrity)、お客さまが抱える退職給付に関する課題を解決し(Consulting)、お客さまの成長発展に貢献すること』であり、

我々の目指す姿は、『最もお客さまを知り、最もお客さまに頼られ、最もお客さまから評価される退職給付のパートナー(Partners)』です。

このミッション(企業使命)とビジョン(目指す姿)を実現すべく、社内メンバー及び協力して頂ける関係者の皆さまとともに日々取り組んでおります。

お客さまの課題を解決するための万全な体制を作りたい

代表イメージ1

弊社は、1996年7月4日(米国独立記念日)にアクチュアリー・年金数理人と公認会計士が組んだ本邦初の中立系年金コンサルティングファームとしてスタートしました。

その後、企業年金・退職金(以下、退職給付)に関する課題解決力を強化するため、年金資産運用、システムの専門家が参画し、年金数理・運用・会計・システムのプロフェッショナルによるコラボレーションを通じた、多様なシナジーを生み出すチームを作ってまいりました。

弊社が心掛けているのは「お客さまそれぞれのニーズに密着した、プロフェッショナルによるきめ細かい課題解決サービス」を提供することです。

そのためには、当然のことながら、まずお客さまのことを深く知る必要があります。

退職給付制度の内容やデータに留まらず、お客さまのビジネスモデル、経営方針、価値観、経営戦略、リスクに関する志向性、そして退職給付に期待するもの(目的)について、お客様ごとに深く知る必要があるでしょう。

例えば、「退職給付制度を見直したい」「年金資産の構成割合を見直したい」「簡便法から原則法へ移行したい」「DBO計算ソフトを導入したい」といった御要望をお持ちの場合でも、お客さまの人事戦略や財務戦略等によって、その目的や位置付け、さらには許容できるリスクやコストが異なると思いますので、結論ありきではなく、お客さまごとの最適解を実現したいと考えております。

このような考え方のもとに、制度・運用・会計・財政の各分野を統括するお客さま専属のコンサルタントが、お客さまの状況や課題を正確に把握し、それらの課題を社内外のリソースを使って解決することを通じ、頼りにして頂けるパートナーとして認知して頂けますよう鋭意取り組んでおります。

これらの課題を解決した結果、お客さまが退職給付制度を設けている目的を達成し、お客さまにとっての退職給付の価値を向上することができましたら、この上ない喜びです。

その他、弊社は、より多くのお客さまの課題を解決できますよう、自社リソースだけにこだわらず、海外の提携ファーム、コンサルティング会社、システム会社、生命保険会社、信託銀行、監査法人など、弊社の中立的なポジションをご理解頂く多数のパートナー企業さまと幅広く良好な協力関係を構築しております。

今後も、退職給付の価値を高めるべく、様々な課題に対応できますよう、中立性を保ちつつ、さらに広くお付き合いをさせていただきたいと考えております。

退職給付に関するお悩み、ご意見又はご要望がございましたら、弊社サービスに限らず、どんなことでも結構ですので、お気軽に担当のコンサルタント、或いは私へご相談ください。

パートナー企業さまとのコラボレーション、或いは新規サービスや新規システムの開発も視野に入れ、できる限りの対応をさせていただきます。

課題解決志向をお持ちのみなさまへ

代表イメージ2弊社のこうしたスタンスに賛同して頂けるプロフェッショナルの皆さま、さらには、今後こうしたプロフェッショナルを目指す志を持った皆さまの参画をお待ちしております。

幸い、多くの方のご支援により、600社を超えるお客さまに対してサービスをご提供できる状況となりましたが、弊社はまだまだ若い会社であり、成長・発展の真っ只中です。

お客さまの退職給付に関する課題の解決をサポートし、お客さまとともに成長するため、より付加価値の高いコンサルティングサービスを提供することに貢献したいという情熱をお持ちの方、そして、お客さまやチームメンバーから信頼される誠実な方の参画を歓迎いたします。

活躍の場、挑戦する場は、間違いなく提供できると確信しております。

年金業務政令指定法人(厚生労働省)
株式会社IICパートナーズ 代表取締役社長 中村 淳一郎