退職給付債務(DBO/旧PBO)自社計算ソフト「DBO MASTER」

企業年金・退職金に関する経営課題を解決するホームドクター【IICパートナーズ】

退職給付債務(DBO/旧PBO)計算ソフト

 

DBO計算ソフト「DBO MASTER」による自社計算体制の構築をおすすめします。

DBO MASTERを利用すると、迅速かつリアルタイムにDBOやSC(勤務費用)等を計算することができ、計算内容を明快にし、様々なシミュレーションが可能になります。

弊社アクチュアリーによる署名付報告書を発行する場合、通常のDBO計算サービスと同様に弊社においてDBO計算を実施いたします。

DBO MASTERをご利用のお客様は委託計算とほぼ変わらない作業負担で専門家による計算結果を社内で再現する事ができ、内容をご確認いただけます。また基礎基準の変更が必要な場合でも、弊社と並行して作業をしますので、決算数値を事前に把握することができます。

お問い合わせはこちら

サービス内容

計算ソフト

計算ソフトをご購入いただいた場合、納品直後からすぐDBO MASTERをご活用いただけるよう、納品作業の一環としてDBO MASTERの操作及び計算時の注意点についてご説明いたします。

導入作業は、今後お客様の窓口となる専門の担当者が行いますので、ソフトウェアの操作だけでなく、退職給付会計業務についてご不明な点がございましたらあわせてご質問いただけます。こちらのサービスは、本体価格に含まれております。

制度登録サービス

DBO MASTERを利用してDBO計算を実施する際に必要な計算の基礎となる諸設定を行います。これらの諸設定はお客さまの退職金規定や年金規約に基づき、弊社の担当者が行います。

サポートサービス

操作方法、計算結果の取扱いについてのお問合せに随時対応いたします。お客様と弊社担当者が同じ画面を見ながら操作方法の説明を行うことが可能です。ソフトは常にお客様の要望等を取り入れ、操作性の向上等を目指し、バージョンアップを続けております。また、法令等の改正に伴うバージョンアップも迅速に行います。

ソフト導入後は、お客さま専用コンテンツをご利用いただけます。お客さま専用コンテンツでは、サポート問い合わせ、最新バージョンのソフトウェア、マニュアルやサポートツール等の入手が可能です。

署名付報告書サービス(オプション)

毎期の退職給付債務等の算出結果について、年金数理人・アクチュアリー会正会員による署名付DBO報告書を発行いたします。署名付報告書作成サービスは、DBO計算サービスと同様、お預かりいたします人事データ等に基づき、弊社にてDBOを別途計算するサービスです。

署名付報告書作成サービスをご利用の場合、ソフトウェアの操作だけではなく、計算方法や基礎率の設定、会計処理等、退職給付債務を算出するために必要となる点全般について、専門家よりサポートを受けることができます。

こちらはオプションサービスとなりますので、お客さまの必要に応じてご選択いただけます。監査対応や計算作業の負荷軽減に役立つと、多くのお客さまにご好評をいただいており、当社としてもご利用をおすすめしております。

お問い合わせはこちら

ページTOPへ

ご利用事例

コスト例

下記はあくまで一例であり、実際にはお客さまごとに計算に関連する情報(計算対象会社数、対象人員数、制度内容等)に基づき、コンサルタントにより個別見積となります。

例1

計算対象会社 1社
前提条件 退職金規程(一時金制度)と退職年金規約(DB制度)を実施。
イニシャルコスト 60万円
ランニングコスト 27万円(ソフト使用料10万円、サポートサービス料17万円)/年
オプション 署名付計算報告書:50万円/回

例2

計算対象会社 1社
前提条件 退職金規程(一時金制度)を実施、署名付計算報告書なし。
イニシャルコスト 30万円
ランニングコスト 21万円(ソフト使用料10万円、サポートサービス料11万円)/年

お問い合わせはこちら