退職給付債務(DBO/旧PBO)自社計算ソフト「DBO MASTER」

企業年金・退職金に関する経営課題を解決するホームドクター【IICパートナーズ】

お問い合わせ後の流れ

「新規にDBOを計算する必要がある」「現行の計算体制に不満がある」など、退職給付債務計算ソリューションをお探しの場合は、まず弊社にお問合せ下さい。

お問合せの後、担当者からご連絡いたしますので、お客様のDBO計算に対するご要望をお気軽にお聞かせ下さい。(資料請求のみのお問合せも歓迎しております。)

次に、必要に応じてDBO MASTERのデモンストレーションやお打合せをさせていただき、お見積りとなります。費用は計算対象制度や条件により異なりますので、お見積の際にはお客さまの退職金規程や年金規約をお預かりさせていただきます。

なお、お預かりいたします資料に関しましては、お客さまのご要望に応じて秘密保持の誓約書をご用意いたします。

お問い合わせはこちら

サービス利用イメージ

契約締結後、弊社にて「制度登録」を開始します。「制度登録」は退職金規程や年金規約よりソフトウェアで正しくDBO計算を行えるよう、初期の諸設定を行う作業です。

作業の途中でお客さまにご準備いただく人事データの資料を送付いたしますので、資料を基に人事データを作成、ご送付いただく事となります。

制度登録が終わり、弊社にて前年比較等の検証が済みますとお客さまのお手元への納品となります。納品の際には、DBO MASTERの操作説明や計算に当たっての注意などを、担当コンサルタントより直接お伝えしますので、納品直後からDBO MASTERをご利用いただけます。

お問い合わせはこちら

ページTOPへ

署名付報告書作成オプション利用の場合

署名付報告書サービスをご利用の場合、DBO計算サービスと同様に、計算の開始から結果のご報告、アフターフォローまで弊社コンサルタントがしっかりサポートいたします。

DBO計算実施、監査対応におけるご担当者さまの負担を軽減しつつ、信頼性と客観性を確保した正確な計算を実施することができるため、多くのお客様にDBO MASTERとあわせてご利用いただいています。

お問い合わせはこちら