退職給付債務計算【DBO計算(旧PBO計算)】、退職金・年金制度設計、企業年金資産運用など

企業年金・退職金に関する経営課題を解決するコンサルティング【IICパートナーズ】

厚生年金基金加入事業所向けコンサルティングサービス

厚生年金基金加入事業所特有の課題を解決!

IICパートナーズの「退職金・年金制度コンサルティング」では、以下にあげるような、厚生年金基金加入事業所特有の課題を解決するため、「厚生年金基金加入事業所向けコンサルティングサービス」を用意しております。

よくある課題・悩み

  • 今般の法改正の内容が理解できない。
  • 基金で解散方針を決議したが、今後どれくらいの資金負担が発生するのか?
  • 基金で解散方針を決議したが、加入者・受給権者の将来の給付への影響は?
  • 基金で解散方針を決議したが、加算部分の代替制度を検討したい。
  • 基金で解散方針(総合DB設立)を決議したが、総合DBに加入すべきかどうか?
  • 基金で代行返上を決議したが、代行返上後の基金に残るのと事業所脱退するのとどちらが良いか?

課題解決を支援するサービスメニュー

継続顧問契約

厚生年金基金に加入している事業所、また担当者のみなさまにとっては、今後の課題の整理や対応の検討を行う際に、悩みや不安がつきもの。

継続顧問契約をご利用いただくことで、悩みや不安がある時には専門家に相談し、解決の糸口を探ることができます。退職金・企業年金制度のプロからの中立的な立場からのアドバイスにより、スムーズな対応が可能となります。

継続顧問契約の概要
主なサービス内容 ・担当コンサルタントへの電話・メールによる相談
・対面による打合せ(月1回程度)
・必要に応じて会議への同席・質問対応等(個別にご相談ください)
契約期間 1ヶ月以上、以降月単位で自動継続
(契約内容にしたがい、解除申出により指定される月まで)
費用      月額10万円(消費税別)

加算部分の代替給付の設計

イメージ:設計

加算部分の給付について以下の対応をとる場合、設計が必要となります。

・過去期間分の不足分の補填
・将来期間分の代替給付の用意

IICパートナーズでは、専門家がお客さまとコミュニケーションを十分に取りながら、退職金・年金制度コンサルティングで培ったノウハウを活かして、お客さまにとって最適な設計を実現します。

加算部分の代替給付の設計の概要
主なサービス内容 ・過去期間分の不足分に対する補填額の検討
・過去期間分の不足分に対する補填対象者の検討
・将来期間分の代替給付に対する給付設計の検討
・将来期間分の代替給付において運営する制度の設計
費用 50万円~(消費税別・個別見積)
※ 委託内容・作業範囲等によって異なるため、お客さまの状況をヒアリングの後、個別見積となります。

お問い合わせはこちら